「花粉症」に効果的な食べ物は?

花粉症毎年、春が近づくと花粉症が気になる方も多いはず。
スギ花粉の飛散は2月5日〜11日ごろから始まるとみられています。(年によって多少前後します)

最近では、花粉症に効果のある食べ物として、いろいろなものが紹介されていますが、中でも注目されているのがシソの葉。

シソの葉は、抗酸化作用はもちろんのこと、炎症を抑える作用もあるため、アレルギー全般に効果が期待できると言われています。
そのままの状態のシソの葉を1日10〜15枚食べるのもよいそうですが、抵抗がある方はシソ茶として飲む方法もあります。200mlの水に10〜15枚のシソの葉を入れて煮出したり、市販のシソ系飲料をお試しになるのもよいでしょう。

花粉症は「思い込み」で解消する!?

花粉症花粉症に限らず、アレルギーと心理面は大きく関係すると考えられています。

例えばアトピーや喘息にも心理療法が用いられています。「病は気から」と言いますが、「よくなってきた」と思うことによって、その症状が本当に軽くなることがあるそうです。

花粉症の症状がでても、「これは風邪だ。花粉症ではない!」と信じていると、意外と症状が悪化しないケースもあるそうです。足もみでの花粉症対策にプラスして、こんな「思い込み」
で花粉症に対抗してみませんか?

効果的な反射区

花粉症に効果的なのは、まず鼻の反射区。鼻水や鼻詰まりは、花粉症の代表的な症状です。そして前頭洞(眉間の奥にある空洞)の反射区も鼻炎や蓄膿症、花粉症に深く関係しています。
脳下垂体の反射区を刺激することで、体内のホルモン分泌を円滑に行えるよう整えます。また、花粉症はアレルギー性鼻炎ですから、免疫と関わりが深い全身リンパの反射区も欠かせません。


親指側面、骨の突起部分手前のへこんでいる場所です。小さい反射区なので歯ブラシの柄を使いましょう。

前頭洞(ぜんとうどう)
自分の指や歯ブラシの柄を使い、足の各指先を関節のつけねから押し出すように刺激しましょう。

脳下垂体
前頭洞の反射区同様、自分の指や歯ブラシの柄を使って、拇指(足の親指)部分をほぐすように刺激しましょう。

全身リンパ
足の甲側、各指のつけねから関節までが反射区です。自分ので1本1本の指をさするように刺激しましょう。


花粉症
花粉症

*こちらにも、花粉症情報を掲載しています。  第27回第28回


ドクターフットの技術が学べるスクール ・・・ドクターフットの技術が学べるリフレクソロジースクール

・・・都内に複数店舗をもつサロン『ドクターフット』。

バックナンバー
足裏健康教室TOP 第1回「便秘 vol.1」 第2回「肩こり vol.1」
第3回「冷え性 vol.1」 第4回「冷え性 vol.2」 第5回「花粉症 vol.1」
第6回「むくみ vol.1」 第7回「睡眠」 第8回「タコ・ウオノメ」

第9回「腰痛 vol.1」

第10回「爪水虫 vol.1」 第11回「爪水虫 vol.2」
第12回「巻き爪 vol.1」 第13回「巻き爪 vol.2」 第14回「生理痛」
第15回「風邪とインフルエンザ」 第16回「二日酔い」 第17回「冷え性 vol.3」

第18回「うつ病」

第19回「胃潰瘍」 第20回「喘息」
第21回「日焼け」 第22回「静脈瘤」 第23回「夏バテ」
第24回「肩こり vol.2」 第25回「不眠」 第26回「しわ」
第27回「花粉症 vol.2」 第28回「花粉症 vol.3」

第29回「低体温」

第30回「片頭痛」 第31回「便秘 vol.2」 第32回「痔」
第33回「食中毒」 第34回「むくみ vol.2」

第35回「腰痛 vol.2」

第36回「過敏性腸症候群」 第37回「低血圧」 第38回「インフルエンザ」
第39回「こむらがえり」 第40回「疲れ目」 第41回「アトピー性皮膚炎」
第42回「デトックス」    


台湾式リフレクソロジー(足つぼ)台湾式リフレクソロジー(手から肩)角質ケア
スクール案内はじめての方へ足裏健康教室ネットで体験
よくあるご質問ご予約反射区についてスタッフだよりお客様の声